フクロウblog | ドクター海老澤のコーナー

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

大人のADHD (ケセラセラ vol.91 冬)

医療法人和楽会 横浜クリニック 院長 海老澤尚

 

最近「大人の発達障害」という言葉をマスコミやネットでよく目にします。発達障害には自閉スペクトラム症(以前、アスペルガー障害や自閉症と呼ばれていた疾患を含む診断名です)、注意欠如・多動症(ADHD)、学習症(障害)などが含まれます。発達障害は主に小児の疾患と考えられていました。しかし最近では、大人になってもその特性が残り、仕事や日々の生活に支障をきたす場合が少なくないことが明らかになっています。ここでは大人のADHDについて解説します。

大人のADHDは欧米の研究では人口の2.5%~3.4%(1)(2)に、日本の研究では1.65%(3)に存在するとされています。ADHDは小児では男性の方が多いですが、大人では男女差は小さくなります。
ADHDの特性には注意散漫と多動性・衝動性があります。
ADHDの特性は幼小児期から存在するはずですが、軽い場合は「そそっかしい」「忘れ物が多い」「落ち着きがない」「個性的」「集団行動が苦手」という性格上の特徴として捉えられ、大きな問題にならないこともあります。学生時代には、本人の特性を家族や友人・学校の先生などが容認・サポートしてくれる保護的な環境にいるので表面化せず、大人になって働き始め、本人が独立してコミュニケーションをとり、業務を遂行しなければならなくなって初めて問題点が表面化することもあります。職場や生活環境の変化後にADHDの特性が目立つようになり、気づかれることもあります。多動性・衝動性は十歳代で目立たなくなることが多いですが、注意散漫は成人後も残ることがしばしばあります。

続きを読む


全般不安症 (ケセラセラ vol.90 秋)

医療法人和楽会 横浜クリニック 院長 海老澤尚

不安症の一種です。日常の様々なことに不安を感じて必要以上に心配するため、時間や気力を消費して生活に差し障りを生じる、「過剰な心配症」ともいえる疾患です。
日常生活のこと(仕事、学校、健康、お金、家族、将来、交友関係、「何か悪いことが起こるのではないか」、など)を広汎にわたって過剰に心配し、不安にとらわれます。心配している事が現実に起きる可能性や、それが起きた場合に受ける影響の大きさに比べて、不釣り合いに強い程度の心配や不安が半年以上続きます。心配の種が一つ解決しても、すぐ他のことが心配になるため、気が休まることがありません。その結果、神経の高ぶり、張りつめたような緊張感、ものごとに集中して取り組むことが困難、怒りっぽさ、イライラ、などを生じます。神経過敏になり、ちょっとしたことにびっくり(驚愕)しやすいこともあります。落ち着かなさ、疲れやすさ、筋肉の緊張や痛み、震え、睡眠障害、吐き気や下痢、発汗、頭痛、過敏性腸症候群などの身体症状を伴うこともあります。自分が適切に判断できたか不安で物事を決められなかったり、きちんと振る舞えたか心配になるため、様々な活動に参加するのを避けたりすることもあります。心配しすぎることを抑えようとしてもうまくいきません。子供の頃から自分の能力に自信がなく、うまく行動できたか過剰に心配したり、周囲から「大丈夫」という保証を過剰に求めることもあります。

続きを読む


パニック症と社交不安症 (ケセラセラ vol.89 夏)

医療法人和楽会 横浜クリニック 院長 海老澤尚

 

当クリニックはうつ病の他、不安症の診療を専門分野の一つに掲げていることもあり、パニック症や社交不安症の方も多く来院されます。

パニック症では突然の動悸、息苦しさ、めまい感、吐き気、腹部の不快感、火照り、胸痛、発汗、浮遊感、手脚の痺れ、震え、自分が自分でない感じ、などが発生し、「死んでしまうのではないか」「このままどうにかなってしまうのではないか」と恐怖・不安状態に陥るパニック発作が予期せずに繰り返し生じます。発作症状は始まってから数分以内にピークに達し、1時間以内で収まることが多いです。多くの場合、発作が収まった後は通常の生活を続けることができます。「また発作が起こるのではないか」と不安が続いたり、発作を誘発するような場面に恐怖・不安を抱いて避けるようになることもあります。発作は夜間睡眠中に起こることもあります。 続きを読む


睡眠障害について(3) (ケセラセラ vol.88 春)

医療法人和楽会 横浜クリニック 院長 海老澤尚

 

3.むずむず脚症候群

夜、寝るために布団に入ってじっとしていると、足やふくらはぎなどにむずむずする、ぴくぴくする、痒い、痛い、火照る、などという「異常な感覚」が発生し、体を動かしたくなる睡眠障害です。足を動かしたり歩いたりすると「異常な感覚」は楽になりますが、布団に戻ってじっとするとまた悪化します。じっとしているとき、特に夜の時間帯に悪化するのが特徴です。「異常な感覚」は腕や体幹に生じることもあります。この「異常な感覚」のせいでなかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚めた時もう一度寝るのに支障が出たりします。良く眠れないために、昼間、疲労感や眠気を感じます。妊娠や貧血、鉄分の欠乏、抗うつ薬やカフェイン、アルコール摂取が関わっている場合があります。男性より女性に多いとされ、日本人の数%程度に見られます。症状を軽くするお薬があります。睡眠中、周期的に脚がぴくんぴくんと動くために睡眠が浅くなったり目が覚めたりする、周期性四肢運動障害という睡眠障害を伴っている方が多いです。

続きを読む


睡眠障害について(2) (ケセラセラ vol.87 冬)

医療法人和楽会 横浜クリニック 院長 海老澤尚

 

2.睡眠時無呼吸症候群

眠っている間に呼吸が止まったり低下する疾患で、気道(空気の通り道)がふさがるのが主な原因です。使い古して弱くなったストローで勢いよくジュースを飲もうとすると、吸い込む勢いでストローがつぶれ、うまく吸えない経験をした方もおられるのではないでしょうか。睡眠時無呼吸症候群の場合は、ストローの役割をする気道が、肥満・睡眠中に気道の形を維持する筋肉の緊張がゆるむ・舌が喉の奥をふさぐ、などで狭くなっています。狭くなった気道を通して空気を吸い込もうとすると、気道の周囲が振動していびきになります。空気を吸い込む勢いで気道が完全にふさがると、いびきも呼吸も止まって無呼吸になり、血液中の酸素濃度が低下することもあります。低酸素状態が続くと苦しいので、無意識に睡眠を浅くして筋肉の緊張を高めたり、姿勢を変えることで、気道が開いていびきと呼吸が再開します。息が詰まったような苦しさや、自分のいびきの音によって目が覚めることもあります。

こうしたことを睡眠中に繰り返すため、深く眠れず、睡眠時間が長い割には日中に強い眠気を感じたり、体がだるくなったり、頭がぼんやりして集中力が低下したりします。夜の頻尿や、目が覚めた時の口の渇き、頭痛などを伴うこともあります。うつなどメンタルの症状を悪化させることもあります。交感神経系が興奮し、睡眠時無呼吸症候群が長期間続くと高血圧や動脈硬化、糖尿病、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高くなります。

続きを読む