和楽会認知行動療法センター 和楽会認知行動療法センターの診療案内

対象の病気を特定しないカウンセリング

リラクセーション・トレーニング(個人療法)

和楽会認知行動療法センター カウンセリング方法 写真-02 和楽会認知行動療法センター カウンセリング方法 写真-03 和楽会認知行動療法センター カウンセリング方法 写真-04

~いつでもどこでもリラクセーションできるようになろう!~

対象者

  • 不安の身体症状(動悸・息切れ・発汗・腹部の不快感・手足の熱感冷感)がある方
  • 不安症状(身体・心ともに)を落ち着かせる方法を学びたい方

実施施設

実施日

日曜・祝日以外でご都合のよい時間にご予約いただけます。

内容

リラクセーション・トレーニングでは、皮膚温・発汗量・脈拍の速さ・呼吸速度など体の状態を器械で測りながら、リラクセーションの練習を行います。
体の状態を随時確認しますので、実際にリラックスできているかを確認することができます。


個人カウンセリング(個人療法)

対象者

  • 個人カウンセリングの対象は多岐にわたっています。
    パニック症(パニック障害)、社交不安症(社交不安障害)、特定の恐怖症、うつ病にはもちろん対応していますし、それ以外の症状や問題、お悩みについても対応しています。

実施施設

実施日

各クリニックによって異なりますので、こちらからご確認ください。
・カウンセリング日程
  なごやメンタルクリニック
  赤坂クリニック
  横浜クリニック

カウンセリングの種類

カウンセリングの方法はいくつか種類があり、主に次のようなカウンセリングを行っています。
ご希望の種類がある場合は、その旨をカウンセリングのお申込み時にお伝えください。

○認知行動療法

現在の問題を具体的にし、考え方や行動などの変えやすい部分から少しずつ変えていくことで、問題の解決をめざす心理療法です。
不安症(不安障害)とうつ病に対しての効果は世界的に認められています。

○TFT療法

TFTとは、Thought Field Therapyの略称で、鍼のツボをタッピングすることによって心理的問題の症状を改善させていく療法です。
多岐にわたる効果が認められています。