• HOME
  • >
  • 診療内容

うつ病/非定型うつ病

 うつ病は気分の落ち込みが続き、無気力、集中力の低下、食欲不振、不眠などの症状が現れます。
非定型うつ病は、気分の落ち込みという点は一致しますが、過眠、過食といって通常のうつ病とは正反対の症状がみられます。
詳しくは

パニック症(パニック障害)

 パニック症(パニック障害)は、ある日突然、心臓がドキドキしたり、呼吸が苦しくなったり、めまい、吐き気といった身体症状や、このまま気がおかしくなってしまうのではないかという発狂恐怖や死んでしまうのではないかという死ぬことへの恐怖感を含む「パニック発作」を起こし、さらにいつ発作が起きるか不安になって、日常生活に支障をきたす病気です。
詳しくは

社交不安症(社交不安障害)

 社交不安症(社交不安障害)とは、前に出ることや人との付き合いに過度の緊張と不安を感じ、困難と恐怖を生む病気です。
赤面や声の震えなど身体症状をともないます。
詳しくは

強迫症(強迫性障害)

 強迫症(強迫性障害)とは、不合理だとわかっている観念に支配され、繰り返し行わずにはいられない病気です。
その症状に時間もエネルギーも費やしてしまい、ふつうの生活ができなくなります。
詳しくは

いろいろな恐怖症(限局性恐怖症)

 恐怖症(限局性恐怖症)は、動物や血液や注射、閉所や高所、嵐や雷など特別な対象または状況に対する広範かつ持続的で、そして不合理な恐怖を感じ、日常生活に支障をきたします。
詳しくは

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは、生命をおびやかすような恐怖体験をきっかけに、深刻な心身症状を起こす病気です。
詳しくは

全般不安症(全般性不安症)

 全般不安症(全般性不安症)とは、特定の状況に限定できない、理由の定まらない不安や心配が、多くの人が感じる程度をはるかに超えて感じられる状態が慢性的につづき、それに心や体の症状が伴う病気です。
詳しくは

くすりについて

 精神疾患の治療についてよく使用されるお薬について概説します。
詳しくは

睡眠障害

 睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態をいいます。
詳しくは

大人の発達障害

 発達障害には、生まれ持った特徴・特性として、いくつかの傾向があります。
詳しくは