簡単診断(いろいろな恐怖症(限局性恐怖症))

いろいろな恐怖症

当てはまる症状があるかチェックしてみましょう。

  • ある特定の対象または状況(例;飛行、高所、動物、注射をされること、血を見ること等)について、特に恐れるものがある。
  • 恐れている対象または状況に直面したとき、いつも不安を感じる。
  • 恐れている対象または状況に直面したときの恐怖は、過剰もしくは不合理である。
  • 恐れている対象または状況をわざわざ避けることがある。もしくは、強い不安や苦痛を伴い耐え忍んでいる。
  • その恐怖はあなたの日常生活や職業や社会生活の妨げになっている。もしくは、その恐怖について非常に悩んでいる。

これらに該当する項目があったら、あなたは恐怖症かもしれません。
恐怖症は医学的な病気であり、治療が必要な場合もあります。
症状が続くようでしたら病院を受診し医師に相談しましょう。

*「恐怖症」のことをさらに詳しく知りたい方は『和楽会図書館』へ