院長のご挨拶

 私は京都市伏見区で生まれ育ち,岐阜大医学部に進みました。貝谷先生は当時,精神科の講師でした。ポリクリのとき,外来の患者さんにDSMの項目を示し,パニック障害を歯切れ良く説明されていた様子を今も覚えています。診断基準を使う,説明責任と透明性を大事にする,は今も私が続けていることです。
 12年間,国立肥前療養所(現在は肥前精神医療センター)にて行動療法と不安障害について山上敏子先生から学びました。行動療法を第一世代の行動療法家をよく知る先生から学ぶことができたことは今の私の基礎になっています。またアルコール・薬物依存症病棟を担当し,この経験が動機づけ面接の実践に結びついています。
 そして9年間,国立菊池病院にて不安障害と薬物依存症に対する行動療法をおこないました。また治験管理室を立ち上げ,うつ病や全般性不安障害,社交不安障害,小児の強迫性障害など10本以上のプロトコールの治験責任医師をしました。中でも強迫性障害は新患の数が年間100程度になり,三日間に集中的な行動療法を集団で行うようになりました。そしてサポートグループの“OCDの会”が回復した患者さんの中から生まれてきました。これらの仕事の中から,患者さんが求めているものと実際の日本の精神医療が提供しているものが一致していないことを知りました。強迫性障害の新患の半数以上は県外から行動療法を受けられる施設を探してこられていたのです。一方,菊池病院は不便な所にあり,患者さんに交通費などの負担を強いることになりました。
 なごやメンタルクリニックでは強迫性障害などの不安障害に対する専門的な治療を求めておられる日本全国の患者さんの希望に応じられるようにしたいと思っております。ここには名古屋という地の利があります。
 今の私は,精神科医というよりも,薬物を処方し管理もできる行動療法家と呼ぶべき存在です。例えば,安定剤や睡眠薬に依存している,やめたいという方に対して処方を整理し,飲み方を指導し,最終的に薬以外の方法でストレスに対処する方法が身につけられるようにすることができます。
 行動療法の技術は種々あります。強迫性障害にはエクスポージャーと儀式妨害,パニック障害には内部感覚エクスポージャー,社交不安障害にはShame-Attacking Exercisesなどをよく使います。これらの治療がうまく行くためには,患者さん自身が自分で行動することが必要です。それには,患者さん自身にやりたいという気持ちや理由が必要です。これを引き出す方法が動機づけ面接です。
もっと詳しく
 原井宏明の情報公開というホームページを開設しています。相談掲示板やブログがあります。ご興味のある方は,是非,一度ご覧になって下さい。
http://harai.main.jp/


診療医のご紹介


  • なごやメンタルクリニック [理事長] 貝谷 久宣(かいや ひさのぶ)

    理事長

    貝谷 久宣(かいや ひさのぶ)

    経歴

    1943年 名古屋生まれ。
    愛知県立明和高等学校、名古屋市立大学を卒業後、岐阜大学医学部神経精神医学教室に所属し、恩師難波益之教授の指導の下に神経病理学、生物学的精神医学の研究に従事。1972年より2年間、ミュンヘン・マックスプランク精神医学研究所に留学。帰国後講師、助教授を歴任。1991年より2年間自衛隊中央病院神経科部長を務め1993年2月開院。
    著書「不安・恐怖症、パニック障害の克服」講談社、1996年。
    共著「不安症の時代」日本評論社、1997年。
    著書「脳内不安物質」講談社、1997年。

    詳しくはこちら

  • なごやメンタルクリニック [院長] 原井 宏明(はらい ひろあき)

    院長

    原井 宏明(はらい ひろあき)

    診療に対するモットー

    『平安の祈りというものがあります。
    私にお与え下さい
    変えられないものを受け入れる落ち着きを、
    変えられるものを変える勇気を、
    そして、その2つを見分ける賢さを
    これができるようにお手伝いすることが私の仕事です。』

    経歴

    1959年 京都市生まれ。ヴィアトール学園洛星高等学校、岐阜大学医学部医学科を卒業後、神戸大学医学部精神神経科にて研修医を経て,国立肥前療養所(現在,国立肥前精神医療センター)精神科医師,国立菊池病院臨床研究部長を歴任。
    ミシガン大学文化人類学科、ハワイ大学医学部精神科薬物依存部門に留学。
    所属学会:日本精神神経学会,日本行動療法学会,日本認知療法学会,日本アルコール・薬物医学会,日本行動科学学会,American Psychiatric Association, American Psychological Association, American Society of Addiction Medicine, Association of Behavior and Cognitive Therapies, Motivational Interviewing Network of Trainers,日本行動療法学会常任理事・編集委員長
    資格:精神保健指定医,行動療法学会認定専門行動療法士

    原井先生のHPはこちら

  • なごやメンタルクリニック [医師] 谷井 久志(たにい ひさし)

    医師

    谷井 久志(たにい ひさし)

    診療に対するモットー

    『患者さんの苦痛に寄り添いつつ、大切な心の健康を支え、ともに歩むことを目標にして日々の診療活動を行っております。』

    経歴

    現在、三重大学大学院医学研究科・神経感覚医学講座・精神神経科学分野・准教授。大阪大学医学部卒業。大阪大学大学院医学研究科、美原病院勤務を経て、1997年より2年間、スウェーデン・カロリンスカ研究所へ留学。大阪大学医学部精神医学教室勤務を経て現職

  • なごやメンタルクリニック [医師] 塩入 俊樹(しおいり としき)

    医師

    塩入 俊樹(しおいり としき)

    診療に対するモットー

    全ての患者様を自分の親、兄弟、親戚、友人と思って接したいと思っています。

    略歴

    1987年 滋賀医科大学卒業
    1991年 滋賀医科大学大学院卒業
    1991年 滋賀医科大学附属病院助手
    1996年~1998年 カルフォルニア大学アーバイン校精神医学講座留学
    1999年 新潟大学医学部附属病院講師
    2000年 新潟大学医学部精神医学講座助教授
    2008年 岐阜大学大学院医学系研究科精神病理学分野教授

  • なごやメンタルクリニック [医師] 定松 美幸(さだまつ みゆき)

    医師

    定松 美幸(さだまつ みゆき)

    診療に対するモットー

    毎日をゆたかに楽しくすごせるように、を心がけています。

    略歴

    滋賀医科大学卒業。大学病院で研修。精神科病院勤務。滋賀医大精神科で助手をつとめたのち、聖路加国際病院勤務。東大保健センター講師。滋賀医大精神科講師。
    奈良県立医科大学精神科准教授を経て、現在は金城学院大学人間科学部多元心理学科教授。

  • なごやメンタルクリニック [医師] 金子 奈穂子(かねこ なおこ)

    医師

    金子 奈穂子(かねこ なおこ)

    診療に対するモットー

    週末の外来ですので、リラックスして受診して頂ける雰囲気をつくれるように心がけています。

    経歴

    山梨大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神神経医学講座にて研修。現在は名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野講師として勤務。

  • なごやメンタルクリニック [医師] 川口 彰子(かわぐち あきこ)

    医師

    川口 彰子(かわぐち あきこ)

    診療に対するモットー

    症状に伴う日常生活での困りごとのご相談に乗りながら、その解決に一緒に取り組みたいと思います。

    経歴

    三重大学医学部医学科卒業。名古屋市立大学病院にて初期研修、精神科後期研修後、公益社団法人岐阜病院、名古屋市立大学病院こころの医療センターなどに勤務。その他、企業の嘱託精神科医、名古屋市知的障害者更生相談所、名古屋市中央看護専門学校講師などを兼任。名古屋市立大学大学院を経て、現在は名古屋市立大学大学院精神認知行動医学分野研究員。
    資格:精神保健指定医、精神科専門医、認定産業医