フクロウblog | ドクター岸本のコーナー

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

アルツハイマー型認知症(ケセラセラvol.97夏)

医療法人和楽会 なごやメンタルクリニック 院長 岸本智数

 

現在一般的に使用されている「認知症」という言葉は、dementiaという語に対する訳語です。この言葉の歴史的変遷は次の通りです。明治41年に東京帝国大学精神科の呉秀三教授が「老耄性癡呆」という言葉を提唱するまでは、「老耄性癡狂」という言葉が使用されていました。戦後は「老年痴呆」という言葉が使用されていましたが、2005年より現在の「認知症」が使用されることとなりました。また、元来「senile dementia」という言葉は、現在のように「老年期発症の認知症」すべてではなく、「老年期発症のアルツハイマー病」をさす言葉として使用されていました。そのため、近年では「認知症=アルツハイマー病」という誤りが広まっています。正確には「認知症」の中に、アルツハイマー病や血管性認知症、レビー小体型認知症などがあります。年齢による分類では日本認知症学会では、18~39歳での発症を若年期認知症、40~64歳での発症を初老期認知症、65歳以降の発症の場合は老年期認知症と定義しています。

続きを読む


物忘れと認知症(ケセラセラvol.96春)

医療法人和楽会 なごやメンタルクリニック 院長 岸本智数

 

物忘れとは記憶の障害で、「同じことを何度も尋ねる」状態をいいます。では、健康な人の物忘れと、認知症の方の物忘れとでは、何が異なるのでしょう。健康な人の物忘れは、記憶の一部分だけが抜け落ちるのに比べて、認知症の物忘れは丸ごとすっぽりと抜け落ちてしまいます。例えば、昨日の晩御飯は何でしたか?という質問に対して、健康な人の物忘れでは「ご飯を食べたことは覚えているが、何を食べたかは思い出せない」となります。しかし、認知症の物忘れでは「ご飯を食べたこと自体を忘れている」となるのです。また、健康な人の物忘れは、ヒントにより思い出すことが多い、普段の日常生活に大きな支障はない、最近数年間で変化が見られない、他の症状は特には目立たないことが特徴です。一方、認知症の物忘れは、ヒントによっても思い出すことは少なく、普段の日常生活に支障があり、最近数年間で増えていて、他の症状(見当識障害、判断力障害、実行機能障害など)も見られることが特徴です。

続きを読む


加齢と睡眠(ケセラセラvol.95 冬)

医療法人和楽会 なごやメンタルクリニック 院長 岸本智数

 

クリニックでうかがうお話の中で、多いのが加齢に伴う変化に関することです。自分のこと、妻や夫のこと、そして親のことについてなどです。実は私は認知症も専門にしていて、以前勤務していた病院では、物忘れの検査、診断、治療を行っていました。
特に、前任の宇治おうばく病院では、高齢患者さんの物忘れについての相談も受けていましたし、うつ症状や不眠、時には妄想なども診ていました。さらには、自宅や施設、他の総合病院などで対応ができなくなった認知症などの高齢患者さんの入院治療も担当していました。すべての人が年を取りますし、それに伴い個人差はありながらも心身ともに衰えていきます。加齢による体と心の変化、物忘れや認知症は若い人にとっても決して他人事ではなく、家族、そして将来自分にも関係してくることです。 続きを読む


美味佳肴(びみかこう) (ケセラセラvol.94 秋)

医療法人和楽会 なごやメンタルクリニック 院長 岸本智数

 

気象庁が災害レベルの暑さに警戒を呼び掛ける日が続く中でこの原稿を書いています。名古屋では連日 37 度前後の酷暑が続き、8月3 日に40.3度と観測史上初めて40 度を越え、76 年ぶりに最高気温を更新しました。
7月に梅雨が明けてから酷暑が1ヶ月以上続き、お盆前後からいわゆる夏バテで少し調子を崩す方が多くみられています。今年は暑さだけでなく、台風の発生件数といい、異常気象が続いていますので、無理はなさらないようにしてください。
続きを読む


剛毅果断(ごうきかだん)(ケセラセラvol.93 夏)

医療法人和楽会 なごやメンタルクリニック 院長 岸本 智数

 

相変わらず時間があるとお昼にぶらぶらしています。先日、ノリタケの森に行ってきました。あの高級陶磁器、食器メーカーのノリタケカンパニーの本社に併設されている企業文化施設です。なごやメンタルクリニックからだと、ゆっくり歩いて、20分前後かかります。なぜノリタケの森に行ってみたかといいますと、クリニック周辺をうろうろと歩いている時にふと、地名の看板が目につきました。その看板には、「則武○○丁目」とありました。クリニックがあるのが「椿町」で、そのすぐお隣が「則武」という地名で、「のりたけ」と読みます。その時は特に考えずに流したのですが、後日ふと「のりたけ」ってもしかして食器のノリタケか?と思い調べてみました。すると、てっきり、のりたけさんという人が創業されたのだと思っていたのですが、実はノリタケは創業地である「則武」という地名に由来するそうです。ちなみに、1904年(明治37年)に森村市左衛門さんによって、日本陶器合名会社として創業されました。そういったことで、ノリタケの森という施設があることを知ったわけです。 続きを読む