院長のご挨拶

 赤坂クリニックでは、パニック障害や社交不安障害をはじめとする不安障害、現代型のうつ病と言われる非定型うつ病などの治療を中心に、強迫性障害や摂食障害、その他種々のストレス性障害に対する幅広い診療を行っています。
 日々の臨床の中で、私が心がけていることは、限られた診察時間の中で、まずは、しっかりと患者さんのお話を聞き、患者さんの苦しんでおられる症状、悩んでおられること、解決したいと考えておられる問題などを明確にし、医療の立場から何ができるかということを提示し、最善と思われる治療を提供していくということです。患者さんのニーズをしっかりと把握して、その上で個々の患者さんに最適の治療を提供し、1日も早くお元気になっていただきたいと考えています。


診療医のご紹介


  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [理事長] 貝谷 久宣(かいや ひさのぶ)

    理事長

    貝谷 久宣(かいや ひさのぶ)

    経歴

    1943年 名古屋生まれ。
    愛知県立明和高等学校、名古屋市立大学を卒業後、岐阜大学医学部神経精神医学教室に所属し、恩師難波益之教授の指導の下に神経病理学、生物学的精神医学の研究に従事。1972年より2年間、ミュンヘン・マックスプランク精神医学研究所に留学。帰国後講師、助教授を歴任。1991年より2年間自衛隊中央病院神経科部長を務め1993年2月開院。
    著書「不安・恐怖症、パニック障害の克服」講談社、1996年。
    共著「不安症の時代」日本評論社、1997年。
    著書「脳内不安物質」講談社、1997年。

    NHK「ためしてガッテン」、NHK BS「美と健康の新常識」などに出演。
    その他、民放テレビにも多数出演している。

    詳しくはこちら

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [院長] 吉田 栄治(よしだ えいじ)

    院長

    吉田 栄治(よしだ えいじ)

    経歴

    1959年生まれ。1984年防衛医科大学校医学部医学科卒業。自衛隊中央病院第1精神科、自衛隊岐阜病院精神科、自衛隊仙台病院初代精神科部長を経て、2003年9月より心療内科・神経科赤坂クリニック院長。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [副院長] 境 洋二郎(さかい ようじろう)

    副院長

    境 洋二郎(さかい ようじろう)

    診療に対するモットー

    『それぞれの方々の仕事や家庭、勉強、遊び等の生活において、その方が能力を十分発揮できるようお手伝いをしたいと考えております』

    経歴

    福岡県出身、1996年筑波大学医学専門学群卒業、1996年国立国際医療センター内科研修医、1998年横浜労災病院心療内科専修医、2004年東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(心療内科)修了、2004年マギル大学モントリオール神経科学研究所博士研究員、2006年福島県立医科大学神経精神医学講座助手・助教、2011年横浜労災病院心療内科副部長等を経て、2014年より心療内科・神経科赤坂クリニック勤務。
    パニック障害の認知行動療法前後の脳内グルコース代謝についての研究にて医学博士取得。
    資格:心療内科専門医、日本精神神経学会精神科専門医、日本医師会認定産業医、精神保健指定医。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 大渓 俊幸(おおたに としゆき)

    医師

    大渓 俊幸(おおたに としゆき)

    診療に対するモットー

    『安心して診察を受けていただき、問題点にきめ細やかに対応するよう心がけています』

    経歴

    1997年千葉大学医学部卒。2005年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。東京大学医学部附属病院精神神経科助教、ハーバード大学医学部画像研究室研究員などを経て、千葉大学総合安全衛生管理機構准教授。医学博士、精神保健指定医、精神科専門医。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 大澤 眞木子(おおさわ まきこ)

    医師

    大澤 眞木子(おおさわ まきこ)

    診療に対するモットー

    受診された方お一人お一人に向き合い、お話しを良く伺い、また五感を研ぎ澄まし駆使してその時の状態をよく観察する事を大切にしています。その時の状態に沿って問題点を見つけ、解決するよう努めます。小さなお子様では充分に観察することで新たな点が見つけられることがあります。診察場面ではお子さんの自然の姿がわからない場合もありますが、その時にはご家族の撮られた動画も十分に活用させて頂きます。
    お子さんとご家族の幸せのためにお役に立てれば幸いです。

    経歴

    1972年 東京女子医科大学卒業。
    1978年 同上 医学博士学位取得。
    同上 小児科助手、McMaster Universityへ医学教育視察のため客員教授として留学の後、1994年 主任教授、2013年 名誉教授に着任。
    一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会理事、大塚駅前診療所所長などを経て、2019年1月より赤坂クリニックに勤務。

    資格

    日本小児科学会専門医、小児神経科専門医、日本てんかん学会 臨床専門医・指導医、元 臨床遺伝専門医

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 種市 摂子(たねいち せつこ)

    医師

    種市 摂子(たねいち せつこ)

    診療に対するモットー

    『心身の不調のサインは無視せず、早めに対処し、新しい気づきと学びの機会にすることが大切だと思います。受診して下さった方にとっての“幸せと成長”へのお力になれるようにと思っています。』

    経歴

    香川医科大学(現:香川大学)卒業後、同大学脳神経外科・麻酔救急科にて臨床研修、国立岩国病院レジデントを経て、名古屋大学医学部大学院修了(医学博士)。早稲田大学専属産業医、東京大学保健センター精神神経科勤務を経て、現在、東京大学大学院教育学研究科特任助教、赤坂クリニック医師。企業数社の精神科産業医を兼任。日本医師会認定産業医。精神科専門医。メンタルヘルス法務主任者資格。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 武井 邦夫(たけい くにお)

    医師

    武井 邦夫(たけい くにお)

    診療に対するモットー

    『話しやすい雰囲気を心がけています』

    経歴

    2001年東京大学医学部卒業後、同病院精神神経科、戸田病院、東京大学精神保健支援室(保健センター)に勤務。
    精神保健指定医、精神科専門医、医学博士。

    武井医師ホームページ(対人ストレスの実体と軽減法)

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 竹内 武昭(たけうち たけあき)

    医師

    竹内 武昭(たけうち たけあき)

    診療に対するモットー

    『安心して診察を受け、納得した形で治療を受けられるように心がけています。』

    経歴

    東邦大学医学部心療内科/東京学芸大学保健管理センター特命教授
    心身医学(内科)専門医、医学博士、認定内科医、女性心身医学認定医、心療内科登録医、日本医師会認定産業医、日本女性心身医学会(評議員・幹事)、日本心身医学会(代議員)、バイオフィードバック学会(理事)、優秀専門臨床医(Doctor of Doctors)
    ハーバード大学大学院卒業、ケンブリッジ大学にて内科・外科研修、九大病院にて心療内科研修終了。専門はうつ病・自殺予防、及び慢性の心身症。Early Career Development Award受賞(国際行動医学会)。三菱マテリアル中央研究所 功労賞。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 高橋 徹 名誉教授(たかはし とおる)

    医師

    高橋 徹 名誉教授(たかはし とおる)

    診療に対するモットー

    のびのび しみじみ

    経歴

    千葉大学医学部医学科卒。東京医科歯科大学大学院修了。
    1968-1969年 フランス政府給費留学(フランス ボンヌヴァル病院 外人助手)
    精神科医、精神保健指定医、医学博士、EvolutionPsychiatrique誌国際査読委員、国土交通省本省診療所嘱託(メンタルヘルス)
    (経歴) 元国立精神・神経センター部長。元東京国際大学大学院臨床心理研究科教授。
    (専門) 精神病理学
    (主要著書)
    「対人恐怖―相互伝達の分析」(医学書院)
    「恐怖とイメージ」(金剛出版)
    「不安神経症―パニック障害とその周辺」(金原出版)
    “Psychanalyse au Japon”In:Histoire de la psychanalyse. Hachette, Paris.

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 熊野 宏昭 教授(くまの ひろあき)

    医師

    熊野 宏昭 教授(くまの ひろあき)

    診療に対するモットー

    私の専門は心療内科なので、いつも、心と脳と身体のバランスを考えながら診させていただくことを心がけています。よく診ている病気としては、パニック障害、社交不安障害、軽症うつ病、摂食障害、糖尿病などです。また、認知行動療法やマインドフルネスを専門にしていますので、短い診療時間の中でも、生活面の改善ができるようご相談に乗りたいと思っています。

    経歴

    1985年 東京大学医学部卒。
    1995年 東京大学博士(医学)取得。
    東京大学心療内科医員、東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(東京大学心療内科)助教授・准教授を経て、2009年4月から早稲田大学人間科学学術院教授、同11月に新規設立された早稲田大学応用脳科学研究所所長に着任。日本認知・行動療法学理事、日本マインドフルネス学会副理事長、日本不安障害学会理事、日本行動医学会理事、日本心身医学会評議員ほか。
    主な著書:マインドフルネスそしてACTへ/星和書店、ストレスに負けない生活/ちくま新書、実践!マインドフルネス/サンガ

    熊野医師ホームページ

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 西川 將巳 教授(にしかわ まさみ)

    医師

    西川 將巳 教授(にしかわ まさみ)

    診療に対するモットー

    『こころとからだ、これらは実に密接に関連して機能しています。こころとからだ共に健やかなるところ、皆さんの日常生活において笑顔と健康が戻り来るところを目指して、日々、診療に臨んでおります。』

    経歴

    1959年生、京都出身。東京大学医学部卒。
    現在、川村学園女子大学教授。日本心身医学会代議員、日本不安障害学会評議員、稲門医師会・医学会理事、早稲田大学応用脳科学研究招聘研究員、法務省健康管理医等を兼務。
    国立精神・神経センター精神保健研究所、国立精神・神経センター武蔵病院、マッギール大学モントリオール神経科学研究所(Canada)、IRCCS fatebenefratelli(Italy)、東京大学医学部附属病院心療内科などを経て現在に至る。
    臨床心理士、公認心理師、認定産業医の資格も有す。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 南 房香(みなみ ふさか)

    医師

    南 房香(みなみ ふさか)

    診療に対するモットー

    どんなことで困っているのか、どうして不安なのか、どんな方なのか、しっかり話を聴いて個人を理解することを出発点に、回復まで丁寧にサポートしたいと思います。

    自身のライフワークとして、不安症やうつ病の予防を目標にしたい思います。まだ症状が軽いと思っている方、ストレスを溜めやすい方、妊娠・出産・子育てで悩んでいる方、家庭内や仕事のストレスで悩んでいる方、などまずはご相談下さい。お子さんやご家族と一緒の受診も歓迎です。

    経歴

    東京女子医科大学卒業。東京大学医学部附属病院にて初期研修を修了。慶應義塾大学医学部 精神・神経科に所属し現在大泉病院に勤務。
    (赤坂クリニックは火曜日に診療)

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 梅景 正(うめかげ ただし)

    医師

    梅景 正(うめかげ ただし)

    診療に対するモットー

    『日常生活や仕事での心身の症状やストレス対応について広く診療を行っています。また職場復帰などの職業支援やメンタルヘルス活動を行っています。』

    経歴

    大阪大学医学部卒。大阪大学医学部附属病院内科、東京大学医学部附属病院精神神経科、国立精神神経センター武蔵病院精神科、東京大学保健センター准教授などを経て、東京大学教養学部非常勤講師。内科認定医、精神保健指定医、精神科専門医、産業医。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 斎藤 有希(さいとう ゆき)

    医師

    斎藤 有希(さいとう ゆき)

    診療に対するモットー

    『苦しくて、悲しくてどうしていいか分からない・・・皆様受診されるときは不安で一杯です。皆様のそんな気持ちに寄り添い、ほっと休息することが出来るように、そして再び自ら進んでいけるように、お手伝い出来たらと考えております。』

    経歴

    鳥取大学卒業、東京大学大学院医学系研究科修了。都立駒込病院にて初期研修および内科後期研修を行い、内科認定医を取得。精神科に転向し東京大学付属病院精神神経科にて研修。内閣府4号館診療所精神科医師。日本医師会認定産業医、精神保健指定医、精神科専門医、医学博士。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 佐々木 司 教授(ささき つかさ)

    医師

    佐々木 司 教授(ささき つかさ)

    診療に対するモットー

    限られた時間での外来診察において、何を重点に診療を進めるかは医師によって異なると思いますが、私が普段の診療で特に気にしていることの第一は、経過の把握です。パニック障害やうつ病など、いわゆる「心の病」のほとんどは、長い経過をとるものです。また経過のパターンも人によって様々です。例えばパニック発作が頻発している状態が、実はその前数ヶ月間の疲労の蓄積の結果であったり、その後のうつ状態の前触れであったり、ということがしばしばあります。各回の診察時の皆さんの状態は、その経過の一断面にしか過ぎませんので、できるだけ前後の経過を把握し、その中で今の状態をどのように位置づけるべきかを考えること、それによって治療方針を立て、時に修正することがこれらの病気の治療では特に大切と考えられます。私の診察では、そのための情報の把握と整理を皆さんと一緒に進めていくことに、多くの時間をさいています。またこのために、必要な経過表などの作成をしばしば皆さんにお願いしています。
    二番目は生活習慣の把握と改善です。受診される方の中には、睡眠が慢性的に不足していたり、あるいは生活リズムがとても不規則であったり、アルコールやカフェインの摂取が過剰であったり、という方も多いのですが、このような生活習慣のもとでは、パニック障害でもうつ病でも長期的な改善は期待できません。これらの生活習慣を把握し、改善のための工夫を皆さんと一緒に進めることが、薬物療法を含む様々な治療が十分な効果を発揮するために不可欠です。このため私の診療では多くの方に、睡眠表を使った睡眠や日常生活の記録をお願いしています。またこれと関連して、状態の変動を繰り返している方を対象に、アクチグラフという腕時計型の活動量記録計を用いて何週にもわたる変動を記録し、潜在するリズムパターンを数理学的に解析するという試みを開始しています。これによって状態変化のタイミングを予測し、治療に役立てようというのが目的です。ただしこれはまだ研究段階ですので、研究への同意書を頂くなどの手続きが必要です。
    以上が、私が自分の外来診療で重点をおいているポイントです。

    経歴

    東京大学医学部医学科卒業後、同附属病院精神科にて研修。トロント大学クラーク精神医学研究所に留学。 東京大学講師(保健センター精神科)、同助教授(准教授)を経て、2008年に東京大学教授(精神保健支援室長)。2010年より同大学院健康教育学分野教授に異動。日本不安障害学会理事(機関誌「不安症研究」編集委員長)、日本学校保健学会常任理事、日本精神衛生会理事。専門誌「精神科」、「学校保健研究」編集委員。また、昭和大学烏山病院精神科客員教授、学生の精神保健支援を行う東京大学学生相談ネットワーク本部で企画室副室長を兼務している。
    不安障害を含む精神障害全般の臨床・疫学研究を主な研究分野として、国際専門誌での論文200編などを中心に成果を発表している。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 堺 英彰(さかい ひであき)

    医師

    堺 英彰(さかい ひであき)

    診療に対するモットー

    一人一人の患者さんの状況に合った治療を心がけております。一緒に治療していきたいので、何でも気軽に相談してください。

    経歴

    生年月日:昭和39年12月24日生
    資格:精神保健法指定医
    出身大学:防衛医科大学校 11期(平成2年卒)
    職歴:防衛医科大学校病院 全科研修科(1990年~1991年)
       陸上自衛隊通信学校衛生管理官(1991年~1993年)
       自衛隊中央病院 精神神経科(1993年~1999年)
       医療法人社団草芳会 三芳野病院 精神科心療内科(1999年~2002年)
       医療法人社団みどり会 武里病院 副院長(2002年~2009年4月)
       めぐろ駅東口メンタルクリニック院長(2009年4月~現在)

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 坂本 英史(さかもと ひでし)

    医師

    坂本 英史(さかもと ひでし)

    診療に対するモットー

    『良くなるために、できることを、ひとつひとつやっていきましょう。』

    経歴

    1994年東京大学医学部卒、東京大学附属病院にて研修。NTT東日本関東病院勤務後、2003年に東京大学大学院医学系研究科を修了し、東京大学医学部精神神経科助手。2004年より2008年まで東京大学保健センター駒場支所・精神神経科室長。2006年より赤坂クリニック医師。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 坂元 薫(さかもと かおる)

    医師

    坂元 薫(さかもと かおる)

    診療に対するモットー

    『たとえ時間は短くても、密度の濃い診療となるようにいつもこころがけています』

    経歴

    東京女子医科大学神経精神科教授。
    1956年東京生まれ。1982年東京医科歯科大学医学部卒業後、東京女子医科大学神経精神科にて研修。1984年同助手。1985~87年旧西ドイツ、ボン大学精神科留学。2007年現職。
    気分障害の臨床研究に従事。日本精神神経学会評議員。日本精神科診断学会評議員。日本総合病院精神医学会評議員。日本うつ病学会評議員。日本犯罪学会評議員。MDA-JAPAN理事

    主な著書

    [Affective Disorders:Perspectives on Basic Research and Clinical Practice(分担執筆)/Seiwa Shoten Publishers&unner/Mazel] [死の医学・臨床必携(分担執筆)/日本評論社] [シリーズ精神科症例集3-躁うつ病(分担執筆)/中山書店] [抗うつ薬の科学―基礎と臨床的検証(分担執筆)/星和書店] [生体リズムと精神疾患(分担執筆)/学会出版センター] [気分障害の臨床(分担執筆)/星和書店] [非定型うつ病(監修)/PHP研究所][うつ病の誤解と偏見を斬る /日本評論社][そのからだの不調ほんとはうつですよ /平凡社新書][気分障害の臨床を語る /創元社]

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 笠井 清登 教授(かさい きよと)

    医師

    笠井 清登 教授(かさい きよと)

    診療に対するモットー

    『患者さんとご家族の思いや周囲の状況を自分の心に映し、響かせながら1回1回の診察を大事にしていきたいと思っています』

    経歴

    東京大学医学部附属病院精神神経科教授
    1995年東京大学医学部卒、東京大学医学部附属病院精神神経科にて研修、1996-1997年国立精神神経センター武蔵病院、1999年東京大学医学部附属病院助手、2000-2002年ハーバード大学医学部精神科客員助手、2003-2008東京大学医学部附属病院精神神経科講師を経て現職。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 森田 進(もりた すすむ)

    医師

    森田 進(もりた すすむ)

    診療に対するモットー

    一人ひとりの患者さんの病状、生活、ご希望に合わせた、丁寧で柔軟な診療を心がけています。

    経歴

    東京大学医学部卒。JR東京総合病院・東京大学医学部附属病院で研修。
    東京都立松沢病院・東京大学医学部附属病院で勤務。精神保健指定医。

  • 心療内科・神経科 赤坂クリニック [医師] 山中 学(やまなか がく)

    医師

    山中 学(やまなか がく)

    経歴

    1965年生まれ。
    1991年東京大学医学部卒業。東京大学心療内科、東京女子医科大学東医療センター准講師・内科医局長を経て、2019年5月より横浜クリニック院長。
    心療内科・神経科赤坂クリニックでは1997年より診療。
    日本心身医学会心身医療「内科」専門医・研修指導医。同代議員。日本心療内科学会評議員。日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医。日本不安症学会評議員、病名検討委員会用語委員長。