フクロウblog | ドクターヨシダの一口コラム

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

将棋の話ーその3ー(ケセラセラvol.92 春)

医療法人和楽会 神経内科・精神科 赤坂クリニック 院長 吉田 栄治

 

藤井四段はあっという間に六段になってしまいました。まず2月1日、順位戦C級2組の9回戦で全勝をキープし、C級1組へのトップ昇級を決めて五段となりました(C級1組になると五段になる規定)。そしてそのたった16日後の2月17日には、ベスト4に勝ち進んでいた朝日杯の準決勝でなんとあの羽生善治竜王を破り、決勝ではバリバリのA級棋士である広瀬章人八段を撃破して、プロ棋戦で優勝してしまいました。『五段昇段後に全棋士参加棋戦で優勝すると六段に昇段する』という規定があり、藤井五段はまだ中学生であるのにプロ六段になってしまいました。
もしかりに朝日杯の優勝が、順位戦の昇級より先だった場合は、そこで五段になって、そのあとC級一組への昇級が決まっても、その場合は五段どまりでした。天の巡り合わせですね。中学生でプロ六段というのは空前絶後の記録です。すごいです。
藤井六段はその後も快進撃を続け、3月8日には師匠の杉本昌隆七段に勝利し(杉本七段は負けはしましたが、対局後のとてもうれしそうな様子が印象的でした)、3月15日には順位戦の最終戦を勝利で飾り、再び連勝記録を15に伸ばしています。またまたどこまで記録を伸ばすのだろうかとわくわくしてきます。

続きを読む


将棋の話ーその2ー (ケセラセラ vol.91 冬)

医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック 院長 吉田栄治

 

2017年の将棋界は、中学生棋士・藤井聡太四段の破竹の快進撃に始まり、最後は羽生善治棋聖の竜王位奪取、永世七冠の達成で大いに盛り上がりました。羽生さんは本来であれば2008年に獲れたかと思われた初代永世竜王の資格を三連勝後の四連敗で渡辺明竜王に持っていかれて、以来、この称号を獲得するのに9年かかってしまいました。天才羽生をしてもこれほどかかってしまったんですね。

それにしてもこの永世七冠というのはとてつもなく凄いことです。将棋界には七大タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)がありまして(今年から叡王が一つ増えて八大タイトル)、タイトル獲得が五期連続か通算で七期あるいは十期などの規定に達すると永世称号を獲得できるのですが、これまでに永世称号を一つでも獲得した棋士は羽生さんを含めてたった10人しかいない。大変な猛者たちの中で一つのタイトルを獲るだけでも大変なことで、永世称号を獲ろうと思ったら、そのタイトルを五期連続で維持するか通算七期とか十期、獲らないといけない。その永世称号を羽生新竜王は全部獲ってしまったわけです。

続きを読む


将棋の話ーその1ー (ケセラセラ vol.90 秋)

医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック 院長 吉田栄治

 

藤井四段の活躍

中学生棋士、藤井聡太四段のデビューからの活躍はめざましかったですね。「マンガなら(編集者や読者から)こんなのはありえないだろうと怒られるレベル」だとか「映画の“三月のライオン”どころか“シン・ゴジラ”のレベルです」などいろいろ面白いコメントが聞かれました。29で連勝記録が止まり、さすがにここにきて勝つペースが少し落ちてきて、マスコミの騒ぎようも落ち着いてきたようです。9月18日の時点で直近10局の対戦成績は6勝4敗で少し負け込んで来ていますね(ちなみに今期の勝率については30勝6敗で全棋士中第3位です)。最近の4敗のうちの2敗は、菅井竜也七段(現王位)との王将戦予選決勝と、レーティングで現在実力ナンバーワンの豊島将之八段との棋王戦本線での対局でした。さすがにこの二人の実力者には勝てなかったですね。あとの2敗は加古川青流戦での井出隼平四段と、新人王戦での佐々木大地四段との対局で、同じ四段同士の対局でしたから、藤井四段のファンとしては是非とも藤井くんに勝ってもらいたいところでしたが、この若手二人も強かった。さすがプロでした。

続きを読む


哲学の本 (ケセラセラ vol.89 夏)

医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック 院長 吉田栄治

 

夜、眠る時に、哲学の本は格好の睡眠薬がわりになります。面白い小説などはダメですね。夢中になってしまって逆に眠れなくなります。岩波文庫、中公文庫、講談社学術文庫などの哲学本などがお勧めです。枕元に読書灯(白熱灯は熱くて危ないのでLEDがいいと思います)をつけて、横になって読めば、だいたい数十行で眠くなりますから、そうしましたら、本を置いて読書灯を消して、そのまま目をつぶればOKです。

最近私が重宝している本は、以下のようなものです。
・ショーペンハウワーの「意
志と表象としての世界」
・パスカルの「パンセ」
・ゲーテの「ファウスト」
・ニーチェの「ツァラトゥストラ」などなど。

ベッドに横になって、その日の気分であちらを読んだりこちらを読んだりして、ものの数分で寝ています。

続きを読む


新しい刺激を求めるということ (ケセラセラ vol.88 春)

医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック 院長 吉田栄治

 

シャープペンシル

私は本を読むとき、大事なところに線を引く癖があり、あとから修正もできるように、少し大きめの消しゴムが付いたシャーペンをいつも使っていまして、読書の際には必需品としています。ちょっとしたシャーペンマニアのところもあり、いろいろな種類のものをもう何本も持っているのですが、昨年末頃に、淡い金色の新しいシャーペン(もちろん消しゴム付きです)を文具店で見つけて購入しました。買ったばかりのころは、この淡い金色がなかなか良い色合で、使うたびに新鮮な気分になり、新しいシャーペンはやっぱりいいなあと、ちょっとほくそ笑みながら使っていました。今は大分慣れてきてしまって最初の感激はなくなっているんですが、今もお気に入りのシャーペンではあります。

続きを読む