フクロウblog | 2014 | 11月

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

死とさくら(ケセラセラ Vol.76)

東京大学名誉教授 大井 玄

一昨年の春には何人もの旧友が死んだ。

は秋田の中学時代からの友だった。絵がうまく美術の教師にいつも褒められていた。父親が早く死んだので、中学を出るとすぐ上京し、文京区春日町付近の貧しい一郭で部屋を借り、映画館の看板を描くことで生活していた。すこし離れた小石川植物園裏に住んでいた私はときどき彼をたずねた。彼は夕方暗くなると南京虫が壁をつたって降りてくるのが不気味だと語り、聞いている私もそこらが痒くなる思いだった。終戦後5~6年経っていたが、私たちは貧乏だった。こちらは金がないので、夏休みに神田神保町で立ち読みするため古本屋をめぐるときには、白山から、都電を利用せず往復した。炎天下、丸坊主の頭の球状の影が足元に濃かった。 続きを読む