フクロウblog | ストレス

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

サッカーのワールドカップ(ケセラセラvol.77)

医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック院長 吉田 栄治

サッカーのワールドカップは、残念な結果に終わってしまいました。日本がダークホース的な活躍をすることを密かに期待していたのですが…。実力も出し切れずに終わってしまったという感じですね。選手たちが一番悔しいんだろうと思います。直前の強化試合で日本が対戦して3 ?1で勝利したコスタリカは、強豪のひしめくグループDで、ウルグアイ、スペインと撃破してグループリーグを見事に突破、ベスト8にも残って、うらやましい限りです。日本があの立場になってほしかった。

初戦のコートジボワール戦は、6月15日、日曜日の午前10時からという絶好の放映時間で、9時ころから(家内と娘はあいにくサッカーに興味がないため)私一人でテレビにかじりついていました。グループリーグ3連敗もありうるし、場合によったら初戦のコートジボワール、第二戦のギリシャと連勝して、波に乗ってコロンビアまで食ってしまって3連勝だってありうるかもしれないと超楽観的な期待も抱きつつ、どちらに転ぶかは時の運?というわけで、もう試合が始まる前は、心臓バクバクで苦しくなってきてしまい、両肩までバンバンに張ってきて、ちょっとこれはやばいなという感じでした。プチパニックのような状態で、少し気持ちを落ち着けなければいけないと思い、ゆっくりと呼吸をして「どうか強い日本を見せてくれ」と心の中で念じて気持ちを静めました。ここまでドキドキしなくてもいいだろうと思いましたが、それだけ期待と不安が強かったということでしょう。 続きを読む