フクロウblog | ヨガ

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

第5回マインドフルネス・リトリート2016 in蓼科 体験記(2)

前回に引き続き、2016年8月26日(金)~28日(日)に開催されました、「第5回 マインドフルネス・リトリート2016 in蓼科」にご参加いただいた方の体験記をご紹介します。

 

◆◇◆ 参加者の方の体験記 ◆◇◆

2016年8月26日(金)から28日(日)の3日間、私は、赤坂クリニック主催のマインドフルネス 蓼科リトリートに参加させて頂きました。今回、参加させて頂くにあたり、昨年、リトリートにご参加された方々から、いかに素晴らしいかを伺い、私も、少しでも私自身の治療が進むことと、少しでも人生や人間性を変革、向上させたいと願い、参加させて頂きました。今般、蓼科リトリートに参加させて頂き、大自然に抱かれ、素晴らしい体験をさせて頂き、心より感謝致します。都会の喧騒を離れ、赤坂クリニックのマインドフルネスの先生方やスタッフの方々の大きな深い愛情に包まれ、安心して、己と向き合い、多くの気づきと学びがございました。その感動を伝えたく、体験記で、より多くの方々に、蓼科リトリートを知って頂きたく、筆を取らさせて頂いております。

リトリートとは、パソコンでネット検索すると、様々な定義があるようです。私がしっくりと行く定義は、次のようになります。

「リトリートとは、日常のストレスのない環境でゆっくりと過ごし、リラックスした時間と空間で、体や心の動きのバランスを調整、自然との調和の中で、心身共にリフレッシュすることです。」

続きを読む


第5回マインドフルネス・リトリート2016 in蓼科 アンケート結果報告と体験記(1)

2016年8月26日(金)~28日(日)、「第5回マインドフルネス・リトリート2016 in蓼科」を2泊3日で開催しました。

不安定な天候ではありましたが、8名の方にご参加いただき、集中してマインドフルネスな3日間を過ごしました。

体験記と、アンケート調査にご協力いただきました皆様の結果をまとめましたので、報告します。

詳しくはこちら→ 第5回マインドフルネス・リトリート2016 in蓼科 アンケート結果報告

 

◆◇◆ 参加者の方の体験記 ◆◇◆

感動の蓼科リトリート

私はうつの治療中です。47歳の男性会社員で、現在休職しています。治療の過程でマインドフルネスと出会い、今回2泊3日のリトリートに参加しました。今、うつになってよかったと思っています。うつにならなければ、こんな素晴らしい体験はできませんでした。

診察日以外は毎日、赤坂クリニックのマインドフルネスに通っていますが、日々取り組んでいても、ヨガも瞑想もなかなかうまくいきません。充実感がとぼしいときもあります。ただ、今の私にはどうしても必要なもののような気がして、黙々と通っています。

続きを読む


第6回 鎌倉山マインドフルネスリトリート報告(2)

2016年4月10日(日)10:00~17:00

前編に続きまして、後編ではお昼から夕方までの内容をご紹介いたします。

「散策」

爽やかな天気に恵まれ、鎌倉の春を味わいつつ散策を行いました。心地よい風、鳥のさえずり、遠くに見える江の島、鎌倉の街並み、道ばたの桜や菜の花やたんぽぽ、土や花のにおい、なだらかな坂を歩く感覚…など、皆さんと楽しくおしゃべりしながら自然に味わうことができました。坐禅やヨーガの時の真剣な表情とはまた違った、柔らかく楽しそうな皆さんの笑顔を見て、とても新鮮でした。

1460262688693

長谷川明日香講師  「ヨーガ」

ヨーガでは、動と静を通して自分の身体と真正面から向き合いました。息を「吸いながら・吐きながら」身体を動かしていくことの難しさを感じました。呼吸に集中しながら身体を動かしていくことで、皆さんの表情が自然とリラックスしていく様子を見ることができました。

 

貝谷久宣医師 「坐禅」

2回目の60分の座禅を行いました。朝のやや緊張した雰囲気よりも少しほぐれ、ほどよくリラックスして臨んでいる方が多くいらっしゃったように見えました。数十名といるのに物音一つしない静寂に不思議な感覚を覚えました。途中音が出るハプニングもありましたが、そのおかげで「身体が反応すると心も反応する」ということをまざまざと体験でき、朝の坐禅とはまた異なる「今、ここ」の体験をすることができたように思います。

 

「シェアリング」

最後に、自己紹介も含めてこの日体験したことや気づきを皆で分かち合いました。感覚的に捉えていた考えや気づきを言葉にすることで、それらを改めてきちんと理解できることを実感しました。また、自分の体験と他の人の体験を照らし合わせて気づきを深められるため、一人きりでマインドフルネスを行っていくよりも多くのことを学べるのだなと感じました。

リトリートでは、非日常的な環境で集中的に『マインドフル』に自分自身と向き合うことができます。この日はスタッフとしても非常に貴重で素晴らしい日を過ごすことができました。参加してくださった参加者の方々に心より感謝申し上げます。

(報告者:和楽会心理士 岸野)


第6回 鎌倉山マインドフルネスリトリート報告(1)

2016年4月10日(日) 10:00~17:00

鎌倉山マインドフルネスセンターにて、第6回マインドフルネス・リトリートを開催しました。約20名の方にご参加頂き、青空が広がる心地よい気候の中、アットホームな雰囲気でとても有意義な時間を過ごすことができました。ご参加くださった皆様に厚く御礼申し上げます。

今回のリトリートで実施したプログラムについて、以下に簡単にご紹介させて頂きます。

まずは前編として、朝からお昼までの内容をご紹介いたします。

 

●長谷川洋介講師 「指圧」

 指圧で行う「触れる・押す・離す」というプロセスは、マインドフルネスで言うところの「きづき・うけとり・かんじる」であるという説明がありました。呼吸に合わせてじっくりと体の各部を押していき、その時の感覚を味わうことができました。これまで全く意識していなかったような部分に触れることで、自分自身の体が今どのように応えているのか、今どのような感じがするのかということに気が付くことができたと思いました。と同時に、これまでどれほど自分自身の身体に無関心であったかということについても考えさせられました。

 

●貝谷久宜医師 「坐禅」

1460252228413

 今回は60分間の坐禅を行いました。今回のように長時間の坐禅を行うのは初めてという方がたくさんいらっしゃいました。坐禅の終盤では、慈悲の瞑想として「自分に対して・親しい人に対して・普通(ニュートラル)の人に対して・嫌いな人に対して・自分に対して」、幸せが訪れること・苦しみが去ることを願いました。皆様なかなか60分間の坐禅は大変だったようですが、坐禅の前よりも心なしかすっきりとした顔をされている印象でした。

 

●小松智賀心理士 「喫飯」

 お昼には、それぞれが思い思いの場所に移動し、一つ一つの食べ物に感謝しながら食べるということに集中しました。この日はとても気候に恵まれていたこともあり、テラスに出て開放感のある場所で食事をされた方が多くいらっしゃいました。食後には、ウグイスの声や目の前に広がる鎌倉の大自然に癒された方も多かったのではないかと思います。過去・未来に捉われている日々からふと離れ、「今ここで」見て・聴いて・味わっていることの体験を意識しやすい時間だったのではないでしょうか。

お昼以降のプログラムは、後編にてご紹介いたします。

(報告者:和楽会心理士 松元)


「藤田一照先生と行う身体で感じるマインドフルネス・ワークショップ&講話」開催のご報告

海外でも活躍されている藤田先生をお迎えし、「藤田一照先生と行う身体で感じるマインドフルネス・ワークショップ&講話」を、2015年8月1日(土)赤坂クリニック8Fショートケアセンターにて開催しました。猛暑にも関わらず、定員満員で、大盛況のうちに終えることができました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

如意棒ワーク 

藤田先生は運動が極まった状態が坐禅であると考えており、身体の知恵を邪魔しないで動くことを体感するために、如意棒(にょいぼう)ワークを行いました。

初対面の人と直感でペアを組み、ペアで1本の如意棒を使いました。一人が如意棒の両端を軽くもち、もう一人が如意棒の真ん中を軽くもち、言葉を使わずに互いの動きを感じながら、音楽に合わせて舞いました。片方が強引に動いたり命令したりするような動きをすれば、もう片方は動きづらくなります。どのペアも最初はぎこちなく動いていましたが、藤田先生のアドバイスに沿って、互いの動きを観察しながら、ちょうどよいバランスを探していきました。

fws01

2人1組から4人1組…8人1組と増えていき、最後に人間彫刻ができあがりました。

fws02

 

屍のポーズ

身体の深いところまでリラックスする屍のポーズを行いました。右腕にはじまり、左腕、右脚、左脚、首、頭、全身に対して、長い風船をイメージし、吸う息で風船がぷく~と膨らんでいくイメージで身体の膨らみを感じ、吐く息で風船がしぼみ空っぽになるイメージで吐く息すべてを床に流し、身体の緊張をほぐしていきました。

fws03

本来のあり方で身体が整っていると、丹田は吸っても吐いても柔らかく、鳩尾は吸うと充実し吐くと柔らかくなるそうです。その状態を藤田先生は「古の身体」と表現され、身体には独自の知恵と意志があり、それ自体が自然と動くものだと教えていただきました。

坐禅

藤田先生にご指導いただきながら坐禅を行いました。広がるボールや骨格模型を使って、身体の仕組みについて教わりました。柔らかい骨盤、背骨、首、頭のバランスを保って座るためには、坐骨を上下左右ちょうどよい位置におき、背骨の前側に体重をかけて座っていくのですが、筋肉を使って無理やりその状態を作ろうと思うとうまく座れず、身体に痛みが生じてきます。身体の知恵に沿って坐禅を組み、骨で座ることの大切さを学びました。

fws04

藤田先生の講話

坐禅の真髄について講話していただきました。坐禅は“Choice less awareness”であり、人為的な価値判断を行わずに、起きてくる感覚に気づいていることが大切だと教わりました。坐禅を行うとき、「呼吸に集中しよう」「リラックスしよう」などと意識しがちです。しかし、坐禅というのは、人が何かに気づいているというものではなく、気づきが人を意識しており、人が気づきの対象となります。ベトナム出身の禅僧ティック・ナット・ハンは「There is no way to nirvana. Nirvana is a way.(涅槃の道はない。涅槃が道である)」と説いているそうです。つまり、探しているものはすでにそこにあるということです。

藤田先生は修行の道を次のように話していました。「八正道(はっしょうどう)では、マインドフルネスは7番目に該当します。1番目は“正見”で、正しい見解を持つことです。最初のビジョンを間違えていると、検討外れに進んでしまいます。常識の枠組みで理解して修行をしても、今までと何も変わりません。発想を転換し、修行に取り組むことが大切です。」

明日からの坐禅に変化が生じることを実感し、希望とワクワク感で満たされた一日でした。

fws05

藤田一照先生の公式サイト http://fujitaissho.info/