フクロウblog | 強迫

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

テレビに出る(ケセラセラ vol.79 冬)

医療法人 和楽会 なごやメンタルクリニック院長 原井 宏明

伯父がテレビに出て喜ぶ姪っ子
2014年はテレビでの露出が多い年でした。4月に「ニュース・エブリィー」で、6月に「ニュース・ゼロ」、そして、9月に情報バラエティー番組の「あのニュースで得する人損する
人」に出演しました。すべて、強迫性障害の患者さんに対する行動療法についてです。
普通の人にはテレビを見る習慣があるでしょう。子どものころには「自分もいつかはテレビに出たい」と思ったことがある方も多いはずです。そして、知り合いがテレビに映っていたら、録画したり、人に知らせたりしたくなるはずです。私の姪っ子、小学5年生がそうです。お盆に里帰りしたとき、近くのプールに連れて行きました。人なつっこい子で、プー
ルで初めて会った同じ年頃の小学生とその親に自分から声をかけ、一緒にビーチボール遊びを始めました。しばらくしてから、姪っ子曰く「ねぇねぇ、このおじさん(私の事)は、ママのお兄さんなんだけど、テレビに出たんだよ、お医者さんなんだ、凄いでしょう!」
他所の小学生とその親も「へー」と感心して、私に注目してくれます。私も「まあ、たいしたことでも」と謙遜します。でも、本当は、こっちは気が気ではありません。プールで何かあったとき、「お医者さんおられますか?」とアナウンスがあったりしたら?私に医師免許はありますが、人工呼吸・心臓マッサージは10年以上やっていません。
一方で、自分のおじさんのことを自慢したいという姪っ子の気持ちもよく分かります。小学生にとっては「テレビに出る人イコール偉い人」でしょう。「おじさんは偉い人なんだよ、エヘン」と思うのは、姪っ子にとって自然なことだし、そんな気持ちは私にとっても嬉しいことです。

続きを読む


強迫性障害に対する3日間集団集中プログラムについて

こんにちは。最近、朝晩涼しく感じられるようになりましたね。気づけば来週から10月なんですね。あと3カ月で今年も終わりです!!1年はあっというまですね。

本日はなごやメンタルクリニックで行われている強迫性障害の方向けの認知行動療法について、なごやメンタルクリニックの岡嶋美代心理士からご紹介させていただきます。

ある日曜日に患者さんらが10人ほど集って、自分の人生の価値について考えるエクササイズをしています。「私ってこういう人だったんですね。忘れていました」などと、しみじみと自分を見つめ直しています。「楽しかったですね。お互い、明日からも頑張りましょう」と笑顔で穏やかな顔をして、名残惜しそうにクリニックをあとにします。

月に一度の集団集中プログラムの最後のシーンは、たいていそんな風です。 続きを読む