外傷後ストレス障害(PTSD;Post Traumatic Stress Disorder)とは?

 PTSDは、生死にかかわるような出来事を体験したり、死傷の現場を目撃するなどの体験によって、強い恐怖を感じ、それが記憶に残ってここの傷(トラウマ)になり、その時の体験が何度も思い出され、あたかもその時に戻ったような恐怖を感じ続ける病気です。

生死にかかわるような体験をしたり、知覚したりした後では、誰もが繰り返しそのことを思い出したり、恐怖を感じたりするものですが、通常は数週間のうちに徐々に恐怖が薄れ、記憶が整理されて、トラウマ体験も過去のものになっていきます。 しかし、トラウマ症状がトラウマ体験後も1ヶ月以上持続し、重大な苦痛や生活上にも支障を引き起こしている場合、急性ストレス障害(Acute Stress Disorder)という診断が下されます。 そして、症状が3ヶ月以上持続すると慢性という診断が下されます。

トラウマとなり得る体験としては、大規模な災害、犯罪、交通事故、単独の犯罪被害、DV(家庭内暴力)、虐待などがあります。 また、PTSDを発症した人はしばしば高い率で他の障害(うつ病や不安症)を合併することがあります。 また、アルコールの問題や摂食障害を合併することもあります。

PTSDの主な症状は?

PTSDの特徴的な症状は、再体験症状、回避、過覚醒です。

◆再体験症状

 トラウマ体験をした人が、トラウマについて考えたくないのにふとした拍子にトラウマのつらい体験や記憶が突然思い出され、あたかもその時の出来事をもう一度起こっているようなイメージや体験をする人もいます。

また、体験を思い出させるようなきっかけに触れた時に急に思い出したり、不安定になったりします。

◆回避

 トラウマとなった出来事を思い出す状況を避けようとすることです。
最も多いのは、被害を受けた現場に行くことを避けることですが、トラウマと関係のない状況を避けることもあります。例えば、夜にトラウマの被害を受けた人が夜に外出ができなくなったりします。

また、不快な気持にならないようにするためにつらいことを考えたり感じないようにするあまり、感情自体が麻痺してしまい、つらい感情だけでなく心地よさや人を愛する気持ちまでも感じられなくなってしまったりします。なかには、出来事の一部を思い出せなくなる人もいます。

◆過覚醒

 びくびくしたり、そわそわしたり、驚きやすくなったり、ふるえたり、集中しにくくなったり、イライラしたり、眠りにくくなったりすることがあります。

トラウマの被害を受けると、世界が危険に満ちているように感じることがよくあります。そのとき、人はいつも体を警戒状態にして、どんな攻撃にも反応できるように準備します。そのため、実際には危険でない状況になっても、長い間警戒状態が続きひどく不快に感じるのです。

危険に対するもう一つの反応としてフリーズ(凍りつき)があります。この反応は、トラウマの被害を受けている最中に起きることもあります。

PTSDの症状があてはまると思ったら・・・
セルフチェック(簡易診断)

どのような治療が必要でしょうか?

 トラウマ体験直後には、普通PTSD症状が生じますが、多くの場合は時間とともに自然に回復します。
自然回復を促すために、まずは安全であり安心感を得られるように環境を調え、心理的に保護しましょう。

数ヶ月を経ても自然回復しない場合は、専門的な治療の対象となります。
治療には、PTSD症状を軽くするための対象療法と、PTSDという疾患そのものに対する治療法があります。
PTSD症状を軽くするための対象療法としては薬物療法があり、PTSDという疾患そのものを治療する方法としては心理療法があります。

トラウマに焦点をあげた認知行動療法としては、持続エクスポージャー法(prolonged exposure therapy ;PE)やトラウマについての認知を扱う認知処理療法(cognitive processing therapy ;CPT)や眼球運動をしながらトラウマを想起させる眼球運動脱感作療法(Eye-Movement Desensitization and Reprocessing ;EMDR)などがあります。
トラウマ治療は専門的な治療になります。治療をしたいと思う場合は、まずは医療機関で医師に相談をしましょう。

家族や周囲はどう対応したらよいですか?

 家族や周囲の対応とはしては、まずは被害を受けた人が安全で安心できる環境で過ごせるように環境を整えてあげましょう。
被害者が安全な環境にいない場合は、公的な機関(犯罪被害者センターや自治体の女性相談センター等)を利用してもよいかもしれません。

トラウマ体験後のPTSD症状は通常は数ヶ月で自然回復してきます。支持的な態度で温かく見守りましょう。
数ヶ月経っても回復がみられず、トラウマによって苦しんでいるようでしたら医療機関への受診を勧めてみてもよいかもしれません。