フクロウblog

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

不安のない生活(31) 呼吸について(4) (ケセラセラ vol.87 冬)

医療法人和楽会 理事長 貝谷久宣

 

前回は、ヒトが死ぬ時は息を引き取るというが、実は息を吐いて亡くなるのだという話で終わりました。これには後日談がある。マインドフルネス学会の懇親会で藤田一照師にこの話をしたら、それは仏様が息を引き取ってくださるという意味ですとの解説だった。やはり坊さんは言うことが違うなと思った次第だ。

前々回には、坐禅をしている時は酸素消費量が20%前後減少し、これには脳での酸素消費の減少が主に貢献していることを記した。脳の酸素量が減少すると相対的に炭酸ガス濃度が上昇する。延髄の呼吸中枢にある化学受容器は血液中の炭酸ガス濃度が上昇すると呼吸を促進させる方向に作用する。この化学受容器を持つ神経細胞はセロトニンという神経伝達物質を生成するニューロンである。炭酸ガス濃度が上昇するとこのセロトニン神経が活発になることが明らかにされている。その時、延髄にあるセロトニン神経だけでなく縫線核により多くあるセロトニン神経も活発になる。その結果セロトニンが放出されればセロトニンの神経静穏作用や抗うつ作用が現れることになる。前述した富士山のような高い山に登ると気分が清々しくなることや坐禅で静謐な気分になることはこのセロトニンと関係しているようである。

続きを読む


病(やまい)と詩(うた)【40】 ー夏の海ー (ケセラセラ vol.86 秋)

東京大学名誉教授 大井 玄

 

先日、水俣から一冊の本が届いた。矢吹紀人著『終わっとらんばい!ミナマタ―看護師・山近峰子が見つめた水俣病』である。水俣協立病院で顔見知りの峰子さんの、私の知らぬ歴史だった。

彼女は1953年、チッソ水俣工場から直線で2キロほど離れたところで生まれたが、物心つく頃には近所で「奇病」の患者が何人もいた。同い年の田中実子ちゃんは、3歳で発症した小児性水俣病患者だった。父親の池田弥平さんは畳職人だったが、1966年の冬の朝56歳で突然倒れ、その後は寝たきり状態になった。母親は近所の農家の畑仕事を手伝い、生活を支えた。

続きを読む


平成と西暦 (ケセラセラ vol.86 秋)

医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック 院長 吉田 栄治

 

平成と西暦、今年が何年だったか、皆さん、混乱されませんか?

私は最近、しばしば混乱してしまって、老化の始まりでしょうか。今年がまだ平成26年のような感じがしてしまい、一方で西暦は2018年と勘違いしてしまうんですね。どういうわけか、私のイメージの中で平成が26年で止まっていて、西暦はもうすでに2018年になってしまっている。不思議な感じです。

つい先日も、精神保健指定医の更新手続きの通知が届いたんですが(5年ごとの更新になります)、平成29年3月で期限が切れるので更新のための講習会を受講して下さいというお知らせです。それを見て、平成29年って、まだ3年も先なのにどういうことかな?と、一瞬疑問に思ってしまったわけです。ところがよくよく考えてみたら、あ!今年は平成28年だった、平成29年は来年ですよぉ…と、ちょっと自分の勘違いに愕然としてしまいました。

続きを読む


睡眠障害について (ケセラセラ vol.86 秋)

医療法人和楽会 横浜クリニック 院長 海老澤 尚

 

睡眠に悩みを抱える現代人は少なくありません。一般成人の約20%が睡眠に問題を感じているという調査もあります。睡眠に関わる症状は大きく3つに分けられます。「眠れない、途中で目が覚める、眠りが浅い(不眠)」と「昼なのに眠い、居眠りが多い(過眠)」、および「眠っているとき不自然な行動・動きをする、寝ぼける(睡眠随伴症状)」の3つです。それに対して睡眠障害の分類でよく使われる国際睡眠障害分類第2版(ICSD?2)では、80以上の疾患名が挙げられています。多くの疾患に分けられている理由の一つは、それぞれ適切な治療法が異なるからです。ここでは、しばしば当院でも診断されることの多い睡眠障害―睡眠覚醒リズム障害(概日リズム睡眠障害とも言います)[睡眠相後退症候群、睡眠相前進症候群、非24時間睡眠覚醒症候群など]、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害―について改めてご説明します。

続きを読む


Yさんと「幸か不幸か」 (ケセラセラ vol.86 秋)

医療法人和楽会 なごやメンタルクリニック 院長 原井 宏明

 

今では手洗いや確認、こだわりの患者さんばかり見ている私ですが、最初からそうだったわけではありません。1986年、佐賀県にある国立肥前療養所に就職したとき、私が担当していた患者さんは統合失調症やアルコール依存症、うつ病、てんかんなどでした。その中に忘れられない患者さんが1人います。

続きを読む