フクロウblog

医療法人和楽会の「フクロウblog」です。治療や講演会などの様々な情報をお届けします。

病(やまい)と 詩(うた)【49】ー歴史の動きを観る感覚 ー(ケセラセラ vol.95 冬)

東京大学 名誉教授 大井玄

 

学生時代から政治についての関心が薄かったのに、人生の最終期になってアメリカの政治動向に注意が向くようになった。
ドナルド・トランプ大統領は、自分の嘘を絶対に嘘と認めない点で認知症高齢者の被害妄想に共通する性質を示す。これが認知症高齢者と親しく付き合うわたしを惹きつけた一因だろう。

大統領として彼はいくつかの注目すべき政策決定をしてきた。

第一に、「地球温暖化は中国の策謀である」と言って気候変動に関するパリ協定から撤退し、温暖化ガスを垂れ流す石炭石油産業へサービスを行った。今夏、歴史的な酷暑と干ばつに悩まされたスウェーデンでは、彼に対する評価は最低であるのを観た。
異状気象は全地球的に起こっている。科学者たちはそれが地球温暖化の影響であることに確信を強めている。海水温が高まり大気中に水分が蒸発する量が増えた結果、巨大な台風、豪雨、洪水、土砂崩れなどの惨事が各地で起こっている。同時に地域により乾燥化も進行するのが特徴だ。
イタリアのべニスでは、サンマルコ寺院前の広場が水浸しになるばかりではなく、数多くのレストランの床上浸水が起こった。日本では西日本を中心に広い地域を襲った「平成30年7月豪雨」による死者は200人を超えた。カルフォルニアでは干ばつで史上最悪の森林火災が起こり、火炎はパラダイス地区の2万棟近い家屋を呑み込んだ。
今回アメリカで発表された気候変動の将来予測によると、ここ数十年の間にアメリカの経済は10%縮小するという。トランプ氏はそれにもめげない、その予測を信用しないと言っている。 続きを読む


部屋の温度調節(ケセラセラ vol.95 冬)

医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック 院長 吉田栄治

 

今年は暖冬のようですね。11月の後半からはさすがに寒くなりましたが、11月の前半は、診察室の温度調節が難しい期間でした。朝と夜は冷え込むものの、日中は結構暖かく、また建物の中は少し暑いくらいで、診察室はゆるく冷房をかけたりしていました。もう11月なのに冷房!という感じでした。

まだまだ少し暑かったとき

クリニックのお部屋の空調は最新式のものではなく、温度設定がちょっと難しかったりしまして、11月の前半は診察室が結構暑く、軽く冷房をかけたりしていましたが、温度設定は28度から29度にしていました。そうしないと冷えすぎてしまう。冷房を入れる時は28度?29度とかなり高めの温度設定にして、そうすると少し涼しくなり、ちょうどいい感じでした。 続きを読む


夜更かし・寝坊とメンタルヘルス(ケセラセラvol.95 冬)

医療法人和楽会 横浜クリニック 院長 海老澤尚

 

ケセラセラNo.84で、夜型の生活リズム(入眠時刻/覚醒時刻が遅く、1日の中で遅い時間帯に活動性のピークを迎える、いわば「夜更かし、朝寝坊タイプ」)の人は朝型(入眠時刻/覚醒時刻が早く、1日の中で早い時間帯に活動的になる、「早寝早起きタイプ」)の人に比べて「うつ」になる率が高く、「うつ」になってからの回復率も低いという研究をご紹介しました。夜型の傾向が強いほど、「うつ」の症状が重い傾向があることも知られています。うつ病では午前中の方が気分の落ち込みが大きい(気分の日内変動)ことがしばしばありますが、これも夜型の人に多いようです。

このほかにも夜型の生活リズムとの関係が報告されているメンタル疾患がいくつかあります。

続きを読む


加齢と睡眠(ケセラセラvol.95 冬)

医療法人和楽会 なごやメンタルクリニック 院長 岸本智数

 

クリニックでうかがうお話の中で、多いのが加齢に伴う変化に関することです。自分のこと、妻や夫のこと、そして親のことについてなどです。実は私は認知症も専門にしていて、以前勤務していた病院では、物忘れの検査、診断、治療を行っていました。
特に、前任の宇治おうばく病院では、高齢患者さんの物忘れについての相談も受けていましたし、うつ症状や不眠、時には妄想なども診ていました。さらには、自宅や施設、他の総合病院などで対応ができなくなった認知症などの高齢患者さんの入院治療も担当していました。すべての人が年を取りますし、それに伴い個人差はありながらも心身ともに衰えていきます。加齢による体と心の変化、物忘れや認知症は若い人にとっても決して他人事ではなく、家族、そして将来自分にも関係してくることです。 続きを読む


マインドフルネスの臨床効果と脳科学 ③ マインドフルネスを続けると長生きしますか – その2(ケセラセラvol.95 冬)

医療法人和楽会 理事長 貝谷久宣

 

前回に引き続き瞑想により寿命が延びるかどうか検討しましょう。

スペインには曹洞宗寺院がバレンシアとセビリアにあり、本格的に坐禅をする人がかなり多数いると思われます。研究対象となった人達は、1日平均90分前後、10年以上坐禅をしている20人、両群とも男性14名で平均年齢48歳でした。テロメア長は白血球から分離したDNAで検査されました。坐禅群でのテロメア長は10・82±0・23kb、対照群では9・94±0・19kbで坐禅群のほうが統計学的有意にテロメアは長いことが明らかにされました(p<0・001)。また、テロメアが短い白血球の数は有意に少ないことが明らかになりました(p<0・005)。このように坐禅を続けた人はテロメアが長いだけでなく、セルフ・コンパッション尺度が高得点であり、さらに、体験回避の程度が低いことが明らかになりました。 続きを読む