うつ病/非定型うつ病とは?

気持ちの落ち込み、無気力・無感動、物事への興味が薄れる、思考力や集中力の低下  うつ病とは、脳内の神経伝達物質の働きが不足することにより、憂うつな気分が2週間以上ずっと続いてしまう病気です。

その症状は、気持ちの落ち込み、無気力・無感動、物事への興味が薄れる、思考力や集中力の低下など精神的な症状だけでなく、食欲がない、朝早く目が覚めてしまう、だるい、疲れやすい、頭痛、肩こりなど身体的な症状としても現れます。

上記のものがよく知られる従来なうつ病ですが、最近では非定型うつ病という新型うつが増えていると言われています。
非定型うつ病は、通常のうつ病とは正反対の症状をみせます。また、10~30代女性に多くみられます。

どちらの病気も症状が悪化していくと、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。

うつ病/非定型うつ病の主な症状は?

 従来のうつ病は「定型うつ病」または「メランコリー型うつ病」ともいい、数週間から月単位で気分が落ち込んだまま、食欲もなく、早朝に目が覚めます。

これに対し、「非定型うつ病」は気分の変動が激しく、同じように気分の落ち込みはあるものの、うれしいことや楽しいことが身の回りに起こると、一転して気分がよくなり、活動ができるようになります。
また、定型うつ病では朝方がつらいものですが、非定型うつ病では夕方から夜がつらいので注意が必要です。
さらに、食欲は落ちるどころか増えていき、過食傾向になります。


うつ病/非定型うつ病の症状があてはまると思ったら・・・
セルフチェック(簡易診断)

どのような治療が必要でしょうか?

 うつ病も非定型うつ病も、治療の中心は“薬物療法”と“心理療法”です。
ただし、それぞれ治療方針が異なるため、「うつ病かな?」「非定型うつ病かな?」と感じたら、まずは心療内科か精神科を受診し、適切な診断を受けましょう。
また、うつ病/非定型うつ病を克服していくためには、ご自身の病気や症状についての理解を深めながら、生活習慣の見直しや症状の対処法を学ぶことも重要になります。

医療法人和楽会では、心理士による認知行動療法も常時行っております。
また、心療内科・神経科赤坂クリニックでは、「うつ病に対する集団認知行動療法」も行っております。

うつ病のカウンセリング

家族や周囲はどう対応したらよいですか?

◆通院にはできるだけ付き添う

通院にはできるだけ付き添う  病院に付き添うことは、2つの大きな意味があります。
ひとつめは、症状によりご本人で考える力、表現する力が低下し、ご自分の状態を適切に医師に伝えることができないことが多いため、ご家族も一緒に診察室に入り、気づいていることを医師に伝えるためです。

もうひとつは、どのような治療が行われ、回復までにはどのくらいの期間が必要なのか、ご家族も一緒に医師の説明を受けておくためです。理解力が低下している患者さんにとって、ご家族がきちんと正しく治療方針を理解していることは、治療をスムーズに進める助けとなり、とても重要です。

◆“原因”にとらわれ過ぎない

 病院で「うつ病」と診断されると、ご家族が「なぜうつ病になってしまったのか?」と原因探しをすることがあります。
育て方が間違っていた、話を聞いてあげなかった、自分が悪かったなど原因をあげればきりがありません。

しかし、うつ病はひとつの原因だけで発症するものではありません。
大切なことは、うつ病になったという現実を受け止めて、これから患者さんとどうしていくのが一番良いことなのかを、患者さんや医師と一緒に考えていくことです。

うつ病のカウンセリング