閉じる

初診予約

心療内科・神経科 赤坂クリニック

Web予約

電話予約

03-5575-8198

横浜クリニック

電話予約

045-317-5953

※Web予約は、4/19(月)よりご利用可能となります。

なごやメンタルクリニック

Web予約

電話予約

052-453-5251

※必ずご本人様よりお電話ください。

※受付時間をご確認の上、お電話ください。

※初診の方は、こちらをお読みください。

再診予約

心療内科・神経科 赤坂クリニック

Web予約

横浜クリニック

Web予約

なごやメンタルクリニック

Web予約

和楽会オンライン心理相談室

Web予約

※最終来院日から半年以上経っている場合は、お電話でご予約ください。

横浜クリニック

横浜クリニック

Yokohama Clinic

医師の紹介

南 房香(みなみ ふさか)

診療に対するモットー

どんなことで困っているのか、どうして不安なのか、どんな方なのか、しっかり話を聴いて個人を理解することを出発点に、回復まで丁寧にサポートしたいと思います。

自身のライフワークとして、不安症やうつ病の予防を目標にしたい思います。まだ症状が軽いと思っている方、ストレスを溜めやすい方、妊娠・出産・子育てで悩んでいる方、家庭内や仕事のストレスで悩んでいる方、などまずはご相談下さい。お子さんやご家族と一緒の受診も歓迎です。

略歴

東京女子医科大学卒業。東京大学医学部附属病院にて初期研修を修了。慶應義塾大学医学部 精神・神経科に所属。

略歴を見る

閉じる

南 房香

赤尾 綾香(あかお あやか)

診療に対するモットー

このホームページを読んでくださりありがとうございます。
精神科や心療内科を受診するということは患者様によっては非常に勇気のいることだと思います。いろんな事情を抱えている中で行き詰まった時、少しでも手助けが出来れば嬉しく思います。

略歴

慶應大学病院精神科所属

略歴を見る

閉じる

赤尾 綾香

朝倉 真緒(あさくら まお)

診療に対するモットー

現在では「病気ではなく人をみる」とよく耳にしますが、精神科においてはそれがとても難しいように思います。
 医師ではなく患者様自身が「これは病気のせいではなく自分が弱いせいだ」と責めることも多く、辛い思いをしていらっしゃる方も多いと思います。それを「これは病気のせいだ」と思えるだけでだいぶ気分が楽になります。病気を治すことはもちろん、そのお手伝いが出来ればと思っています。

略歴

愛知県出身。東京大学医学部医学科卒業。大船中央病院で医師初期研修修了。現在は大内病院勤務。

略歴を見る

閉じる

朝倉 真緒

内田 千代子 (うちだ ちよこ)

診療に対するモットー

最新の精神医学の知識に基づき、患者さんのこころに細心の注意を払う診療を心がけています。患者さんが幸せに生きるために少しでも役に立ちたいと思います。

略歴

星槎大学大学院教育実践研究科教授
群馬県桐生市生まれ。東京大学農学部農芸化学科卒、その後、東京大学教育学部学士入学を経て東京医科歯科大学医学部卒。東京医科歯科大学医学部神経科精神科にて研修。1987-89アメリカ,イエール大学関係病院子ども研究センターで客員研究員として臨床実習、1991-92スイスの製薬企業精神科臨床研究部研究員、法務省医療少年院、企業立総合病院神経科医長、茨城大学保健管理センター、福島大学人間発達文化学類(特別支援教育)および子どものメンタルヘルス支援事業推進室兼任教授などを経て現職。
大学生の休・退学、留年(ひきこもりを含む)、自殺等の全国調査責任者を長期間務めた。
クリニックでは特に女性のメンタルヘルスに力を入れている。英語での診察もしている。
著書「ひきこもりカルテ」法研,など

略歴を見る

閉じる

内田 千代子 

笠井 清登(かさい きよと)

診療に対するモットー

患者さんとご家族の思いや周囲の状況を自分の心に映し、響かせながら1回1回の診察を大事にしていきたいと思っています

略歴

東京大学医学部附属病院精神神経科教授
1995年東京大学医学部卒、東京大学医学部附属病院精神神経科にて研修、1996-1997年国立精神神経センター武蔵病院、1999年東京大学医学部附属病院助手、2000-2002年ハーバード大学医学部精神科客員助手、2003-2008東京大学医学部附属病院精神神経科講師を経て現職。

略歴を見る

閉じる

笠井 清登

境 洋二郎(さかい ようじろう)

診療に対するモットー

それぞれの方々の仕事や家庭、勉強、遊び等の生活において、その方が能力を十分発揮できるようお手伝いをしたいと考えております

略歴

福岡県出身、1996年筑波大学医学専門学群卒業、1996年国立国際医療センター内科研修医、1998年横浜労災病院心療内科専修医、2004年東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(心療内科)修了、2004年マギル大学モントリオール神経科学研究所博士研究員、2006年福島県立医科大学神経精神医学講座助手・助教、2011年横浜労災病院心療内科副部長等を経て、2014年より心療内科・神経科赤坂クリニック勤務。
パニック障害の認知行動療法前後の脳内グルコース代謝についての研究にて医学博士取得。
資格:心療内科専門医、日本精神神経学会精神科専門医、日本医師会認定産業医、精神保健指定医。

略歴を見る

閉じる

境 洋二郎

佐々木 司(ささき つかさ)

診療に対するモットー

限られた時間での外来診察において、何を重点に診療を進めるかは医師によって異なると思いますが、私が普段の診療で特に気にしていることの第一は、経過の把握です。パニック障害やうつ病など、いわゆる「心の病」のほとんどは、長い経過をとるものです。また経過のパターンも人によって様々です。例えばパニック発作が頻発している状態が、実はその前数ヶ月間の疲労の蓄積の結果であったり、その後のうつ状態の前触れであったり、ということがしばしばあります。
二番目は生活習慣の把握と改善です。受診される方の中には、睡眠が慢性的に不足していたり、あるいは生活リズムがとても不規則であったり、アルコールやカフェインの摂取が過剰であったり、という方も多いのですが、このような生活習慣のもとでは、パニック障害でもうつ病でも長期的な改善は期待できません。これらの生活習慣を把握し、改善のための工夫を皆さんと一緒に進めることで、治療の効果をあげていければと思います。

略歴

東京大学医学部医学科卒業後、同附属病院精神科にて研修。トロント大学クラーク精神医学研究所に留学。 東京大学講師(保健センター精神科)、同助教授(准教授)を経て、2008年に東京大学教授(精神保健支援室長)。2010年より同大学院健康教育学分野教授に異動。
日本不安症学会理事長、日本学校保健学会常任理事、日本精神衛生会理事。専門誌「精神科」、「学校保健研究」編集委員。
不安障害を含む精神障害全般の臨床・疫学研究を主な研究分野として、国際専門誌での論文250編などを中心に成果を発表している。

略歴を見る

閉じる

佐々木 司

清水 真央(しみず まお)

診療に対するモットー

限られた診察時間の中でも患者さんのお話をよく聞いて、安心して治療を受けて頂けるよう心がけています。

略歴

2016年3月 岐阜大学医学部医学科卒
2016年4月ー2018年3月 千葉メディカルセンター 勤務
2018年4月 東京医科歯科大学精神科入局
2018年4月ー9月 東京医科歯科大学医学部附属病院精神科 勤務
2018年10月ー2020年9月 横浜市立みなと赤十字病院精神科 勤務
2020年10月ー 大宮厚生病院 勤務

略歴を見る

閉じる

清水 真央

船戸 弘正(ふなと ひろまさ)

診療に対するモットー

“その人らしさ”を大切にしながら、適切な治療を行うことで、不安・うつ・不眠は良くなります。“よくなる”というのは、通院不要になること、またはごく少量のお薬をのみながら、“その人らしい”安定した社会生活をいとなむことです。

略歴

東邦大学医学部教授、筑波大学教授(WPI-IIIS)
1994年東京医科歯科大学医学部卒。1998年東京医科歯科大学大学院修了。日本学術振興会特別研究員、東京大学医学部附属病院精神神経科、東京都立墨東病院神経科、山口大学医学部精神科助教、テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター研究員を経て、2011年より現職。

略歴を見る

閉じる

船戸 弘正

南 ひろみ(みなみ ひろみ)

診療に対するモットー

ひとりひとりのライフスタイルに合わせた適切な治療を提供できるよう、丁寧な診察を心がけています。

略歴

東京女子医科大学卒業。
鹿児島大学病院にて初期研修を終了。
東京女子医科大学神経精神科に入局。
現在は外来診療の他、産業医業務に従事。

略歴を見る

閉じる

南 ひろみ

山中 学(やまなか がく)

診療に対するモットー

丁寧な説明をこころがけています

略歴

1965年生まれ。
1991年東京大学医学部卒業。東京大学心療内科、東京女子医科大学東医療センター准講師・内科医局長を経て、2019年5月より横浜クリニック院長。
心療内科・神経科赤坂クリニックでは1997年より診療。
日本心身医学会心身医療「内科」専門医・研修指導医。同代議員。日本心療内科学会評議員。日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医。日本不安症学会評議員、病名検討委員会用語委員長。

略歴を見る

閉じる

山中 学