マインドフルネス・リトリート2018秋(同時通訳付き)


カリフォルニア大学デービス校よりゴールディン先生をお迎えし「マインドフルネス・リトリート2018秋 (Loosening the grip of anxiety -不安を手放す-)」を開催します。

ゴールディン先生からのメッセージ

The goal of this workshop is to introduce participants to a variety of brief mindfulness and compassion meditation practices. Research studies have shown that these contemplative practices can help reduce the symptoms of anxiety, depression and stress. Furthermore, these practices can help illuminate how we relate to ourselves and to others in ways that bringing more inner peace.

このワークショップを通して、様々なマインドフルネスと慈悲の瞑想の実践方法を皆さんに紹介させて頂きます。臨床試験で、瞑想は不安、うつ及びストレス症状の軽減に役立つことが証明されています。また、自分自身を捉え直す機会は周りの人との関係を見つめ直し、心に平穏をもたらすともされています。皆さんと心穏やかな時間を過ごせることを楽しみにしております。

【講師】Philippe Goldin, PhD
Associate Professor
Director, Clinically Applied Affective Neuroscience Laboratory
University of California Davis
https://pgoldin.faculty.ucdavis.edu/プロフィール

Philippe Goldin earned a Ph.D. in Psychology at Rutgers University, directed the Clinically Applied Affective Neuroscience laboratory at Stanford University for a decade and is now a tenured associate professor and founding faculty in the Betty Irene Moore School of Nursing at the University of California Davis Health System. His NIH-funded clinical research focuses on functional neuroimaging of emotion regulation mechanisms of mindfulness meditation, compassion meditation, cognitive-behavioural therapy and aerobic exercise in adults with anxiety, mood, and chronic pain disorders. Dr. Goldin helped develop the Search Inside Yourself program at Google and also the Search Inside Yourself Leadership Institute (SIYLI.org) which delivers mindfulness-based emotional intelligence and leadership skills training programs world-wide, as well as the Compassion Cultivation Training program at Center for Compassion, Altruism, Research and Education at Stanford University.

Philippe Goldin Ph.D. アメリカ、ラトガース大学(Rutgers University)にて博士号取得。約10年間スタンフォード大学(Stanford University)の臨床応用神経科学研究所(Clinically Applied Affective Neuroscience laboratory)で指導を経験。現在は、創設時から関わるカリフォルニア大学デイビス校ヘルスシステムベティ・アイリーン・ムーア看護学校(Betty Irene Moore School of Nursing at the University of California Davis)にて准教授。アメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health)が援助する彼の臨床研究は、成人の不安症、気分障害、慢性疼痛のマインドフルネス瞑想、慈悲の瞑想、認知行動療法、有酸素運動における感情調節メカニズムの脳神経画像処理が焦点。またグーグル(Google)のSearch Inside Yourself (サーチ インサイド ユアセルフ)、マインドフルネスに基づいた心の知能指数とリーダーシップトレーニングプログラムを提供するサーチ ユアセルフ リーダーシップ研究所(Search Yourself Leadership Institute, SIYLI.org)の開発、スタンフォード大学の同情と利他主義についての研究と教育センター(Center for Compassion, Altruism, Research and Education at Stanford University)でトレーニングプログラムの開発に関わる。

【通訳】野瀬 千景 先生プロフィール

アメリカ、ウィスコンシン大学マディソン校心理学部(BA)卒業、
同大学にてヒルデールフェローシップ受賞
東京マインドフルネスセンター主催 MBSRワークショップ同時通訳
同センター主催 MBSRプログラム修了

日時

2018年10月20日(土)
13:00受付開始 13:30プログラム開始 16:30終了

場所

AP東京 八重洲口通り
〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル7・11・12・13階
(当日の受付場所など詳細は追って掲載いたします)

参加費

赤坂クリニック通院中の方:5,000円
患者様のご家族・一般の方:10,800円

持ち物

ヨガマットかバスタオルと、座布またはクッションをお持ちください。
※椅子もありますので、そちらで受講することもできます。

交通アクセス

JR各線をご利用の場合:「東京駅」八重洲中央口より徒歩6分

東京メトロ銀座線をご利用の場合:
「日本橋駅」徒歩約5分
「京橋駅」徒歩約4分

都営浅草線をご利用の場合
「宝町駅」徒歩約4分

会場配置図

リトリート会場は、13階Bで行います。
当日の受付は、13階Bの部屋前です。



※リトリート開始後は各更衣室のドアに施錠いたします。入る必要のある方は係員にお知らせください。
※貴重品は更衣室に置かずに各自で管理をお願いします。