リトリート・各種プログラムの結果に「ボストン大学心理学教室ホフマン教授と行うマインドフルネス・ワークショップ」の報告を掲載しました

2015年6月6日(土)赤坂クリニック8Fのショートケアセンターにて「ホフマン教授と行うマインドフルネス・ワークショップ」を開催。

h認知行動療法の第一線で活躍され、「研究」「臨床」どちらの分野でも世界の第一人者であるステファン.G.ホフマン博士をお迎えし、本場米国でのマインドフルネスの状況についてお話しいただきました。ワークショップの中では、ヨガや瞑想の実践も行いました。

※マインドフルネスとは “今この瞬間に生きる”ことです。そして、瞬間瞬間に展開する体験に判断を加えず注意を払うことです。病気の治癒だけでなく、人生の本当の意義、生きる楽しみを経験する生活に導くものです。

 

報告「ボストン大学心理学教室ホフマン教授と行うマインドフルネス・ワークショップ」